【そもそも解説】ロシアが離脱、国連人権理事会とは 日本に勧告も

有料記事ウクライナ情勢

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 ロシアが7日、国連総会(193カ国)の決議採択により、国連人権理事会(人権理)の理事会としての資格を失った。採決後には一方的に離脱を宣言し、今後復帰する可能性も自ら絶った。

 そもそも、人権理はどのような組織なのか。

 国連にはもともと、1946年にできた「人権委員会」という組織があった。だが、委員会は毎年春に6週間開かれるだけで、活動が不十分だという批判が絶えなかった。そうした経緯もあり、2005年、当時のアナン国連事務総長国連改革の目玉の一つとして国連総会の下部組織としての人権理の創設を掲げた。

 人権理を創設するための総会…

この記事は有料記事です。残り886文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

そもそも解説

そもそも解説

なぜ?どうして? いま気になるニュースの「そもそも」を、Q&A形式で解説します。[記事一覧へ]