「日本では世界と戦えない」 ウェブ3起業家で相次ぐ「海外流出」

有料会員記事

中島嘉克、古賀大己
[PR]

 「ウェブ3」と呼ばれる次世代のインターネットを巡り、有望なスタートアップが日本から「流出」するケースが出ている。日本の法制度では事業が難しく、「世界とは戦えない」という。ウェブ3は暗号資産やメタバース(仮想空間)など市場が急拡大する。日本の潜在的な競争力を失いかねないとして、国の成長戦略に位置づけるべきだという議論も動き出した。

 日本では42・195キロをスーツと革靴で勝負しなければならない――。ブロックチェーン分散型台帳)の開発を手がける「ステイクテクノロジーズ」の渡辺創太CEO(最高経営責任者、26)はそう表現する。

 2019年に日本で起業したが、20年10月にシンガポールに会社を移した。「シンガポールにいる今はランニングシューズとスポーツウェアで世界と勝負できている」と話す。

 ウェブ3は次世代のインター…

この記事は有料会員記事です。残り1876文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら