東大阪市が小学校給食を当面中止に 26校、配送車が準備できず

有料記事

中島隆
[PR]

 大阪府東大阪市の市立小学校で今月12日から始まる予定だった給食が、当面中止されることになった。運送業者が配送車を準備するめどが立たないためで、市教育委員会が8日、発表した。中止されるのは市内51校のうち校内で調理していない26校で、児童と教職員あわせて約1万2千人に影響がでるという。

 古川聖登教育長は8日に会見を開き、「子どもたちには大変申し訳ありません。給食を楽しみにし、また、栄養補給を給食に頼っている子どももいます。栄養のある給食を一日も早く届けられるようつとめていく」と謝罪した。

 市教委は12日から15日までの4日間、各家庭に弁当の持参を求める。18日からは牛乳とパンかご飯の提供を予定している。弁当持参にかかる保護者の費用負担ついての支援も検討する。

 8日には始業式があり、子どもたちと保護者には、謝罪と理解を求める文書を古川教育長名で送った。複数の業者が協力を申し出ており、「一学期まるまる給食中止になるとは想定していない」としている。

 市教委の説明などによると…

この記事は有料記事です。残り283文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。