谷愛凌選手の名前出し「ハハハ」 五輪総括大会、習氏がアドリブ

有料会員記事

北京=林望
[PR]

 中国共産党政権は8日、北京冬季五輪パラリンピックの大会成功をアピールする「総括表彰大会」を北京の人民大会堂で開いた。演説した習近平(シーチンピン)国家主席が、大会で国民的スターになったフリースタイルスキーの谷愛凌(アイリーン・グー)選手の名に触れながら、壇上で声を上げて笑う珍しい場面もあった。

 習氏のアドリブが出たのは、大会を通して中国の文化が世界に伝わったと語ったくだり。五輪の開幕と春節がほぼ重なったことを踏まえて、「(会場周辺では)中国の年越しの雰囲気や豆包(あんまん)の香りも広がった」と語ったところで言葉を区切り、「豆包と言えば、谷愛凌さんは餡餅(中国式のおやき)が好きだったね。ハハハ」と声を上げて笑った。演技を終えた直後、谷さんが軽食を食べる「モグモグタイム」の映像がファンに強い印象を残しただけに、会場から笑いと盛んな拍手が起きた。

 突然、名前を言及された谷さ…

この記事は有料会員記事です。残り408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    古谷浩一
    (朝日新聞論説委員=中国政治、日中)
    2022年4月10日11時14分 投稿
    【視点】

    果たして本当にアドリブだったのでしょうか。そんな疑問も頭に浮かびましたが、新華社通信が配信した演説全文のなかに谷愛凌選手についての言及の部分は入っていません。後から加えた言葉であるのは確かでしょう。なるほど、これは珍しい。 秋の党大会を前