街の消費電力すべて再エネで パナソニックが吹田市にスマートタウン

有料会員記事

栗林史子
[PR]

 パナソニックホールディングス(HD)の子会社が大阪府吹田市の同社工場跡地に、国内初となる消費電力を全て再生可能エネルギーでまかなう「スマートタウン」を開発した。今月29日のオープンを前に、8日に報道陣に公開された。

 名称は「Suita SST(吹田 サスティナブル・スマートタウン)」。JR岸辺駅近くの約2万3千平方メートルの敷地に、家族向け・高齢者向けの分譲マンションや学生向けマンションなど住宅362戸のほか、スーパーなどの商業施設、介護施設や認可保育所、学習塾などが集まる。

 スマートタウン全体の消費電力を再生可能エネルギーで100%まかなうほか、敷地内に太陽光発電蓄電池を設置し、災害時にも備える。また、敷地内にAI監視カメラを設置し、転倒した高齢者の保護や、不審物・盗難の発見などに役立てる。

 スマートタウンの開発・運営…

この記事は有料会員記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら