「すでに辞めたい」「しんどすぎ」新卒社員の憂鬱、「準備期間」なく

有料会員記事

斉藤寛子、松田果穂、御船紗子 武田遼
[PR]

 東京都内の食品の物流会社に入社した横浜市の女性(22)は午前6時に起きる日々が始まった。

 満員電車に揺られて8時50分に出社する。

 「オンライン生活に慣れていたので疲れます」

 新型コロナの感染が広がり始めたのは大学2年の終わりごろ。

 3年時は全てオンライン授業になり、4年になっても数回しか行かなかった。所属していたダイビングサークルは恒例だった沖縄旅行がなくなり、飲み会もできなかった。

 「友だちに会えないつまらなさはあったけど、慣れたら楽だった」。

 起床は昼ごろ。オンライン授業は寝転がってパジャマのまま聞き流した。就職活動も最終面接以外はオンライン。会社説明会と懇親会もパソコンの画面越しだった。

 そんな生活は就職で一変した。しかも新年度緊急事態宣言も、まん延防止等重点措置も出ていない。

 1日の入社式は対面で行われ、同期30人と並んだ。久しぶりにたくさんの人に囲まれ、体も心もぐったり疲れたという。

 コロナ禍で新生活をスタートさせた新社会人の不安や葛藤に、街角などで耳を傾けました。沈む気持ちをどう整え、先輩や上司は彼らとどう向き合ったらいいのでしょう。記事後半では専門家2人に「心得」を聞きました。

 ただ、研修が始まって同期と…

この記事は有料会員記事です。残り1198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    千正康裕
    (株式会社千正組代表・元厚労省官僚)
    2022年4月11日17時46分 投稿
    【視点】

    今年の新入社員は、社会人になることと、リアルな集団に溶け込むことという、2つの新しいことに順応しなければいけないということなのかもしれない。 冷静に考えると新入社員がオンラインだけで、仕事を覚えたり、社内の色々な人とコミュニケーション

  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2022年4月9日16時24分 投稿
    【提案】

    ご馳走してやれば若いひとたちが喜ぶと思っているようなひとの誘いについていくと、たいがい上から目線で求めてもいないアドバイスを聞かされるだけだから、無理して付き合わなくていいということを、新社会人の皆さんにはこっそりお伝えしたいと思います(も