安川電機、売上高過去最高 小笠原社長「EV関連などで受注大幅増」

座小田英史
[PR]

 産業機械大手の安川電機北九州市)は8日、2022年2月期決算を発表した。売上高は前年比22.9%増の4790億円で過去最高となった。純利益は102.6%増の383億円。コロナ禍で落ち込んでいた設備投資が、世界的に回復したという。23年2月期の業績予想は売上高5250億円、純利益525億円を見込む。

 小笠原浩社長は、ウクライナ侵攻などの地政学リスクや半導体不足による生産制約は続くとした。その上で、「EV(電気自動車)関連などのロボット受注が海外を中心に大幅に増えており、今後も(需要は)高水準で推移する」と話した。(座小田英史)