交番巡回中の警部、拳銃の実弾を紛失 拾った通行人から回収

[PR]

 兵庫県警は9日、甲子園署の男性警部(44)が拳銃の実弾を一時紛失したと発表した。実弾は通行人の男性が拾い、防犯カメラで確認した署員がすべて回収した。

 甲子園署によると、警部は7日朝、署で拳銃と、実弾が入った袋を受け取ったが、規定に反し、弾を込めないまま交番4カ所を巡回。勤務が終わる8日朝、紛失に気づいた。署が交番の防犯カメラを調べたところ、7日午後1時過ぎ、警部が同県西宮市上田中町の上田交番前の路上に実弾入りの袋を落とし、直後に自転車に乗った80代の男性が拾う映像が記録されていた。署は男性宅で実弾を回収した。

 手塚真司副署長は「今後このようなことがないよう、拳銃の厳正な取り扱いについて指導を徹底したい」としている。