片岡球子の世界観存分に 北海道・小樽の美術館、5作品を初公開

有料会員記事

鈴木剛志
[PR]

 札幌市出身の画家片岡球子(1905~2008)の作品を集めたトピック展が、北海道小樽市の似鳥美術館(旧北海道拓殖銀行小樽支店)で開かれている。展示されている8点のうち、5点が同館で初めて公開される作品という。

 球子の作品は日本画でありながら、力強い筆致と接着剤で顔料を固める手法が特徴だ。そのため、時には「ゲテモノ」と評されたこともあるが、1989年には文化勲章を受章した。

 今回、同館で初公開された作…

この記事は有料会員記事です。残り177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら