「技術的なものでかなり彼が上だった」 敗れた村田諒太の一問一答

有料会員記事

[PR]

 試合後の村田諒太の一問一答は以下の通り。

 ――試合が終わった今の感情は?

 まだ感情が湧いてくる時点ではなくて、終わって、ああ負けたんだという事実をもうちょっとしたら受け入れ始めて、感情がいろいろ湧いてくるのだと思います。

 ゴロフキン選手は、強い、無理やりでも倒してしまうぐらいのパンチ力のイメージがあったんですけど、実際にやってみたら、強さよりもすごいうまさが勝っていて、ブロッキングのすき間にパンチをうまく入れてくる技術の高さ、ボクシングの完成度の高さ、幅の違いを感じました。

 ――2、3回にあと一発というところまで追い詰めた手応えは?

 ボディーは効いたなという感じでよかったんですけど、右ストレートをいなすというか、ゴロフキン選手が強く当たる距離でもらってくれない感じ。前で殺すというか、それがうまかった。のれんに腕押しという感じで、微妙に距離がずれる。あの技術は、ゴロフキン選手が打たれ強いといわれるゆえんかと思いました。

 もう一発、もう一発と僕も思…

この記事は有料会員記事です。残り1995文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら