JRの新型高速船、博多―門司港で就航 釜山便休止で日本籍に変更

有料会員記事

榎本瑞希
【動画】博多ー門司港で就航したJR九州の新型高速船
[PR]

 JR九州の新型高速船「クイーンビートル(QB)」が10日、新たに博多―門司港北九州市)で就航した。予定していた博多―韓国・釜山航路が新型コロナウイルスの影響で休止しているため、JRが国内の船旅に使うことにした。

 定員は502席で、従来のビートルの約2・6倍。シートベルトを着けずに船内を自由に歩ける。デザインは、同社の豪華寝台列車「ななつ星」も手がけた水戸岡鋭治氏が担った。

 この日、博多を出た初便には…

この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら