「柔道精神に反する。容認できない」 山下氏がプーチン大統領を批判

[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)と全日本柔道連盟の会長を兼任する山下泰裕氏(64)は11日、個人ホームページにロシアのウクライナ侵攻に対する声明を発表した。

 民間人への被害が拡大していることを受け、「これらの行為は柔道の精神、目的に完全に反するものです。まったく容認することはできません」と記し、ロシアのプーチン大統領を批判した。

 山下氏は「ウクライナの人々、そして世界中の柔道を愛する方々へ」と題した声明を公開。「連日報道されるウクライナにおける非人道的な行いの数々、柔道家であるプーチン大統領によるロシア軍の侵攻のニュースを聞くにつけ、心を痛めてきました」と記した。

 そしてそれらが、講道館柔道の創始者である嘉納治五郎師範が唱えた「精力善用、自他共栄」(最大限の心身の力を善いことのために用いること、人々や社会と融和し協調すること)の精神を踏みにじる行為であることを強調した。

 声明はウクライナの人々に思いをはせた上で、「愚かな行為が一日も早くやむことを願います」と結ばれた。同様の内容の英文も併記された。

 国際オリンピック委員会(IOC)委員でもある山下氏は3月1日に報道陣の取材に対し、ロシアやベラルーシの選手らを国際大会から除外するよう勧告したIOCの決定などを支持する考えを明らかにしていた。しかし、柔道を通じて親交があったプーチン氏に対しては、「皆さんが思っているほど親しいわけではない」と述べるにとどめていた。

  • commentatorHeader
    中小路徹
    (朝日新聞編集委員=スポーツと社会)
    2022年4月11日16時57分 投稿
    【視点】

     ようやくではありますが、JOC会長、全柔連会長としてのロシアのウクライナ侵攻に関する声明が出されました。  これまでJOCは、今回の事態について、IOCの声明を追認はしましたが、独自の声明は出さず、主体性が欠けていました。  トップに