右耳聞こえない息子、どん底の母を救った絵本 図書館で貸し出し

有料記事

林利香
[PR]

 かつて育児と仕事に追われていた自分を救ってくれた絵本で恩返しをしたい――。滋賀県草津市の母親が、絵本の貸し出しサービスを始めた。「絵本に助けてもらい今の私がある。子育てに悩んでいる人や子どもとのコミュニケーションのお役に立てれば」と話す。

病室で毎日読み聞かせ 心のよりどころになった絵本

 同市の「アル・プラザ草津」2階のヤシの木広場。この春、真崎英香(えいこ)さん(45)は「ヤシの木図書館」を始めた。中学1年の男女の双子がいる。2人は低体重児で生まれた。長男は先天性の病気があり、1歳半までの間に手術や入退院を繰り返した。

 「息子に申し訳ない」。病室…

この記事は有料記事です。残り621文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。