パキスタン首相にシャリフ氏 兄はかつてのあの実力者 政情は不透明

有料会員記事

ニューデリー=石原孝
[PR]

 経済の低迷で批判を浴びていたパキスタンのカーン首相が10日、野党側が提出した不信任決議案の可決によって失職した。11日に新しい首相を選ぶ投票が議会であり、野党勢力を束ねてきたシャバズ・シャリフ氏が選出された。ただ、野党勢力も一枚岩ではなく、政情が安定するかは不透明だ。

 議会の下院(定数342)で…

この記事は有料会員記事です。残り507文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら