プーチン氏娘の資産を凍結、ウォッカも輸入禁止に 日本が追加制裁

有料会員記事ウクライナ情勢

[PR]

 政府は12日、ウクライナに侵攻を続けるロシアへの追加的な制裁措置を閣議了解した。新たに398人と28団体を資産凍結の対象とした。この中には、プーチン大統領の2人の娘やラブロフ外相の妻子らを含めている。

 プーチン大統領の家族では、娘のカテリーナ・チホノワとマリヤ・ボロンツォワの両氏が対象となった。ラブロフ外相の家族では、妻のマリヤ・ラブロワ、娘のエカテリーナ・ビノクロワの両氏が含まれた。ロシア最大手の政府系銀行ズベルバンク、民間銀行として最も大きいアルファバンクの資産も凍結する。

 ウォッカや一部の木材、機械類などのロシアからの輸入も禁止する。

 松野博一官房長官は12日午…

この記事は有料会員記事です。残り88文字有料会員になると続きをお読みいただけます。