「ロシアが有毒物質を使用」ウクライナ部隊が投稿 欧米は「確認中」

[PR]

 ウクライナ南東部マリウポリの防衛に当たっている部隊の一部は11日夜、SNSへの投稿で、ロシア側の無人機から有毒物質がまかれ、軍や市民が被害を受けたと訴えた。国際条約で禁止された化学物質による攻撃だと非難している。

 欧米各国からは、現時点で慎重な姿勢が示されている。英国のトラス外相はツイッターへの投稿で、ロシア軍の生物化学兵器使用の可能性があるとの報道に言及しつつ、「詳細を確認中だ」とした。

 米国防総省のカービー報道官は、情報を認識しているとしつつ「(事実関係を)現時点で確認できておらず、今後も状況を注視する。ロシアは催涙ガスに化学物質を混ぜたものを含め、暴動鎮圧のために様々な手段を使う可能性があることを把握しており、事実であれば深く憂慮している」と述べた。

 一方、マリウポリ市長の側近…

この記事は有料記事です。残り163文字有料会員になると続きをお読みいただけます。