トヨタ、初の量産EV「bZ4X」を5月発売 個人向けはサブスクで

有料会員記事

近藤郷平
[PR]

 トヨタ自動車は12日、同社として初の電気自動車(EV)専用モデル「bZ4X」を、国内で5月12日に売り出すと発表した。EVの世界販売を2030年に350万台まで引き上げる新たな戦略を昨年末に示しており、それを具体化するEVの第1弾となる。

 トヨタは、強みとするハイブリッド車やEV、燃料電池車などを「全方位」でそろえ、国や地域の事情に応じた車種を投入する戦略を進めてきた。EVについては、先行する米テスラなどを追う立場だ。

 bZ4Xは中型SUV(スポーツ用多目的車)で、トヨタにとって初の量産EV。国内では、個人向けは定額制サブスクリプション)のサービス「KINTO(キント)」で提供を始める。法人向けにはリースで販売する。

 航続距離は559キロ(国際…

この記事は有料会員記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら