マリウポリの死者2万人か「ロシアが遺体隠した」 化学兵器の疑惑も

有料記事ウクライナ情勢

パリ=金成隆一
[PR]

 ロシア軍が包囲しているウクライナ南東部マリウポリについて、ドネツク州のキリレンコ知事は12日、「死者数が2万人から2万2千人になると見ている」との見解を示した。米CNNのインタビューで述べた。

 キリレンコ氏はその上でロシア軍が、移動式の遺体焼却施設を使ったり、倒壊家屋や路上から遺体を集めてロシアの支配地域に運び出したりしていると指摘。「戦争犯罪とジェノサイド(集団殺害)の証拠が(首都キーウ郊外の町)ブチャで明るみに出て以降、ロシア軍は遺体を隠している」と訴えた。

 キリレンコ氏は、死者数は慎重に検証されなければならないとも述べた。ロシア軍による証拠隠滅が進めば、精度の高い検証が困難になる可能性が高い。

「リン弾が使われたかもしれない」指摘

 一方、ロイター通信によれば…

この記事は有料記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!