第43回ウクライナ負傷兵、重傷でも「また前線へ」 病院で語る覚悟と恐怖

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=遠藤雄司
[PR]

 ロシア軍のウクライナ侵攻が長期化するなか、負傷兵の数も増えている。同国西部の病院では、激戦地の東部で負傷した兵士たちが治療を受けている。重傷を負いながらも、祖国を守るために「また前線に戻る」と話す兵士たちがいた。

 7日、西部リビウ近郊の病院敷地内のカフェで、負傷兵たちが談笑していた。皆、手足のどこかしらを不自由そうに動かす。リビウ州出身のアンドリーさん(28)は右肩から腕にかけてをギプスで固め、上半身全体が包帯で覆われていた。

 予備役だったアンドリーさんはロシアが侵攻を開始した2月24日、妻と4歳の娘に別れを告げてすぐに軍施設へ向かった。「心の準備はできていたから、招集を待つ必要はなかった。二度と帰れないだろうと覚悟は決めていた」

「負傷は怖くない」それでも

 アンドリーさんが配置された…

この記事は有料会員記事です。残り751文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る