会社の不正に気づいたら 通報しようとする前に準備すること

有料会員記事

植松敬、横山輝
[PR]

 会社の不正を知ったら、あなたはどうする?――。SMBC日興証券による株価操作事件では、当時の副社長や部長らが関わった組織的な不正の疑いが持たれている。もしそんな不正に社員が気付いたらどんな行動をしたらいいのか。専門家に話を聞いた。

 東京地検特捜部は13日、法人としてのSMBC日興や元副社長らを金融商品取引法違反の罪で起訴した。相場操縦罪が大手証券会社に適用されたのは極めて異例だ。

 同社の近藤雄一郎社長は3月の会見で、証券取引等監視委員会の指摘があるまで、不正取引を把握できなかったと明かした。監視部門が取引の不審点を運用部門に伝えても是正されず、報告を受けた元副社長も事実上放置したことも判明している。

会社ぐるみの不正、内部通報がもみ消されるリスク

 SMBC日興の自浄作用が機…

この記事は有料会員記事です。残り775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    市田隆
    (朝日新聞編集委員=調査報道、経済犯罪)
    2022年4月14日13時42分 投稿

    【視点】1997年に金融業界を揺るがせた、当時の四大証券と第一勧業銀行の総会屋利益供与事件を取材したことがある。四大の一角、当時の日興証券の経営陣も逮捕、起訴された。今回の株価操作事件はそれに比べると、わかりやすい悪質さは感じられない。それゆえに、