阪神、13日先発予定の伊藤将がコロナ陽性 14日先発予定の藤浪も

[PR]

 プロ野球・阪神タイガースは13日、伊藤将司投手(25)と藤浪晋太郎投手(28)、江越大賀外野手(29)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定されたと発表した。伊藤将は、この日の中日ドラゴンズ戦(バンテリンドームナゴヤ)に先発予定だったが、代わって小川一平投手(24)が先発する。

 藤浪も14日の中日戦への先発が予定されていた。

 球団によると、江越には発熱と頭痛があり、伊藤将と藤浪は無症状という。

 伊藤将、藤浪に加え、馬場皐輔投手(26)、山本泰寛内野手(28)の2選手も濃厚接触の疑いで13日に出場選手登録を抹消された。

 江越は発熱者との接触疑いがあるとして12日に出場選手登録を抹消されていた。

 阪神では3月25日に開幕投手を務める予定だった青柳晃洋投手(28)が同17日に新型コロナ陽性と判定され、離脱した。

 今季の阪神は開幕から9連敗を喫し、12日までで1勝13敗1分けの最下位に沈んでいる。