韓国の次の外相は「日本語できる米国通」 ベテラン議員の朴氏に内定

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国で5月に発足する尹錫悦(ユンソクヨル)政権の外相に、尹氏が所属する保守系最大野党「国民の力」の国会議員、朴振(パクチン)氏が内定した。尹氏が13日の会見で発表した。韓国国会の同意を得て任命される。米国通として知られる朴氏は、日本への留学経験もある。尹氏の信頼が厚く、対日外交でも主導的な役割を担うとみられる。

 朴氏は外交官出身で、国会議員当選4回のベテラン政治家。米ハーバード大の行政大学院ケネディスクールやオックスフォード大、東大などに留学経験があり、日本語も話せる。2008~13年に在任した李明博(イミョンバク)元大統領の側近だった。

 尹氏は会見で「対米外交に精通するなど豊富な経験があり、膠着(こうちゃく)した韓国外交の正常化に大きく貢献してくれると判断した」と語った。

 朴氏は、新政権の外交方針などを米バイデン政権側に伝える「政策協議代表団」の団長として、3日から8日間の日程で米ワシントンを訪問。サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)らと面会し、米韓同盟の強化や日韓関係の改善に取り組む考えを伝えた。

 朴氏は韓国に帰国した11日、記者団に「正しい歴史認識を土台に、未来志向的な韓日協力関係を構築していくという尹氏の考えを、米側に伝えた」と述べていた。(ソウル=鈴木拓也)