エアコンちゃんと動きます? 夏を前にぜひ試運転を、点検ポイントは

有料会員記事

井上充昌
[PR]

 今年の夏は暑くなると予想されています。自宅のエアコンはちゃんと動きますか? 夏が本格化する前に冷房の試運転をしてみることを、業界団体などが呼びかけています。暑くなってから不調がわかっても、修理や買い替えに時間がかかるケースが想定されるためです。では、点検のポイントは――。

 今週前半は各地で気温が上がり、11、12日には真夏日を記録した地域もあった。山口壮環境相は12日の記者会見で、熱中症に触れつつ、「各家庭でエアコンの早期点検をして頂くことも対策として重要だ」と呼びかけた。

 気象庁が2月に発表した予報では、今年6~8月は沖縄・奄美地方を除く全国で、平均気温が平年より高くなる確率が50%にのぼる。

4月10日は「エアコン試運転の日」

 家の中にいるとき、熱中症を防ぐためにもエアコンは欠かせない。メーカーでつくる業界団体「日本冷凍空調工業会」(東京都)などは今年から4月10日を「エアコン試運転の日」と定め、早めの点検を呼びかけている。

 暑さが本格化した後で店に修理や買い替えを頼んでも、依頼が集中して待ち時間が発生してしまいがち。最近はコロナ下で在宅勤務が増えたこともあり、工業会の担当者は「数週間待たなければならないこともある」と話す。

 そのため、今のうちに冷房の試運転をして点検しておくことが大切という。

 点検時に気をつけるべきポイントはどこか。

 工業会によると、試運転の前…

この記事は有料会員記事です。残り700文字有料会員になると続きをお読みいただけます。