札幌冬季五輪招致、18~19歳高い支持 市長「大きな意義」

有料記事

佐野楓
[PR]

 2030年冬季五輪パラリンピックの招致を目指す札幌市の秋元克広市長は13日、市が3月上旬に市民・道民を対象に行った意向調査の集計結果のうち、開催の賛否について年代別の割合を明らかにした。郵送、インターネット、街頭の3種類の調査で、いずれも18~19歳の賛成の割合が他の世代より高かった。

2030年オリパラ 札幌招致を問う

 札幌市が目指す2030年冬季五輪招致へ向けた課題と展望を、現地での取材と関係者へのインタビューから探ります。

 調査は市民・道民約1万8千人を対象に、3月2~14日に郵送、インターネット、街頭調査の3種類を実施した。3月16日に公表された速報値では、いずれの調査でも、「賛成・どちらかといえば賛成」の賛成派が過半数を占めていた。

 今回の発表では、対象者が最も多い郵送調査を例にとると、賛成派が52・2%で、「反対・どちらかといえば反対」の反対派は38・2%だった。

 年代別では、賛成派の割合は…

この記事は有料記事です。残り1424文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!