ザスパが県民に恩返し 来月から先着100人を無料招待

吉村駿
[PR]

 サッカーJ2のザスパクサツ群馬は、本拠地の正田醬油スタジアム群馬で行われる試合に群馬県民を無料で招待する。「ザスパの恩返しプロジェクト」と銘打ち、5月1日の横浜FC戦から、10月16日のいわてグルージャ盛岡戦まで計15試合で招待する予定だ。

 ザスパは今年でクラブ創設から20年を迎える。ザスパの「スパ」は英語で温泉を表し、チーム名そのものが全国屈指の温泉地・群馬県を表しているチームだ。

 今回のプロジェクトのテーマは群馬県への恩返し。ホームタウンの群馬県全体に「何かできることはないか」と考え、全市町村を対象とした招待を初めて実施する。

 試合日ごとに、招待する市町村を決める。初日の5月1日は、安中市、下仁田町、南牧村上野村が対象となる。それぞれの市町村で先着100人まで。初めてサッカー観戦をする人でもボールや選手の動きが見やすいバック自由席に招待する。

 ザスパホームタウン担当の川岸祐輔さん(29)は「誰でも気軽にまずはスタジアムに来て欲しい。一緒に群馬県を盛り上げましょう」と話す。応募はクラブの公式ホームページ(https://www.thespa.co.jp/別ウインドウで開きます)から。問い合わせはザスパ(027・225・2350)まで。(吉村駿)