「言い訳する自分を自覚して」マラソン大迫傑、高校生に語った人生訓

有料会員記事

原口晋也
[PR]

 「小さな目標を設け、毎日努力する」――。男子マラソンで2度にわたり日本記録を更新した大迫傑(すぐる)さん(30)が12日、岡山市の岡山商科大付属高校で講演した。約680人の高校生を前に、「夢をかなえるための心構え」を説いた。

 自身の半生をたどる形で話を切り出した。東京で育ったが自分で各高校の練習法を調べ、指導者に会って長野県の強豪校に進学を決めたこと。高校では文武両道を目指し、猛練習後の眠気と戦うため一番前の席で授業を受けたこと。東京五輪を目指す中、新たな練習環境を求め、米国やアフリカに次々と拠点を移したこと。「ずっと、主体的に選択してきた」と振り返った。

 大迫さんは司会の質問に答え…

この記事は有料会員記事です。残り434文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら