黒人男性を射殺 白人警官が馬乗りになり背後から 米ミシガン州

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米中西部ミシガン州グランドラピッズで黒人男性が白人警官に撃たれて死亡する事件があり、地元警察は13日、当時の様子が映った映像を公開した。警官は男性の背中に乗り、地面に押さえつけた上で背後から発砲しており、遺族側は非難している。

 警察の説明や公開された映像によると、事件は4日午前8時すぎに起きた。警察官が住宅街を巡回中、ナンバープレートと一致しない登録情報の車を見つけ、停車を要請。運転手の男性に免許証の提示を求めた。

 男性は免許証は車の中にあると言いつつ見せず、警官ともみあいに。その後、小走りで逃げようとしたが捕まり、警官が手にしていたスタンガンの一種「テーザー銃」を奪おうとした。

 男性の同乗者が撮影していた映像によると、2人は約90秒間、テーザー銃をめぐってもみあいになり、警官は「テーザー銃を放せ」と叫んだ。その直後、警官は男性に馬乗りになって背後から後頭部に発砲。男性はその場で死亡が確認された。

 亡くなった男性はパトリック…

この記事は有料会員記事です。残り496文字有料会員になると続きをお読みいただけます。