ロシア側も熟知する「東部の地形」がカギに 欧米の軍事支援にも変化

有料記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 ロシアの侵攻を受けるウクライナの東部地域での戦闘の本格化に備え、欧米各国がウクライナへの軍事支援を急いでいる。米政府は13日、新たに8億ドル(約1千億円)の軍事支援を表明。欧州連合(EU)も同日、5億ユーロ(約680億円)の拠出を決めた。提供予定の兵器からは、戦闘パターンの変化を見据えた狙いがみえる。

新兵器投入に伴い、ウクライナ軍の訓練も

 米政府からの軍事支援は、2月の侵攻開始から6度目で総額26億ドル(約3200億円)近くに達した。昨年のウクライナの国防予算(42億ドル)の6割を超える規模だ。

 ウクライナ側からの具体的な…

この記事は有料記事です。残り1050文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。