昇格逃すも「応援に感謝」北海道東川町を表敬 ヴォレアス北海道

有料会員記事

三木一哉
[PR]

 男子バレーボール・Vリーグ2部のヴォレアス北海道(北海道旭川市)が今シーズンを終え、連携協定を結んでいる東川町を14日訪問した。惜しくもV1昇格は逃したが、松岡市郎町長らに支援への謝意を伝えた。

 ヴォレアスはVリーグ2部で優勝。1部との入れ替え戦は1勝1敗で、ポイント、獲得セット数では並んだが、総得点を総失点で割った得点率で及ばず、昇格できなかった。

 チームの池田憲士郎社長は「応援に感謝している。入れ替え戦は2戦ともフルセットまで戦い抜いたが、点数で及ばなかった。なんとかいい報告をしたかった」。エド・クライン監督は「入れ替え戦は最高の戦いをしたが、一歩及ばなかった。悔しい結果から再スタートしたい」と述べた。

 松岡町長は「死力を尽くした…

この記事は有料会員記事です。残り186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。