ロシア潜水艦2隻、日本海海域でミサイル演習 15隻超の軍艦が支援

有料記事

根本晃
[PR]

 ロシア国防省は14日、太平洋艦隊の潜水艦2隻が日本海海域で、巡航ミサイル「カリブル」の発射演習を実施したと発表した。カリブルはロシア軍のウクライナ侵攻でも使用されている。

 同省によると、潜水艦「ペトロパブロフスク・カムチャツキー」と「ボルホフ」が、敵の艦艇を想定した目標にミサイルを発射し、命中したという。15隻以上の軍艦が支援にあたったとしている。発射場所などの詳細は明らかにされていない。

 これを受けて日本外務省は1…

この記事は有料記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。