私が大統領なら「NATOの指揮出る」「ロシアと接近」 仏ルペン氏

有料記事ウクライナ情勢

パリ=疋田多揚
[PR]

 フランス大統領選の決選投票(24日)に進んだ右翼「国民連合」のマリーヌ・ルペン氏が13日に記者会見を開き、北大西洋条約機構(NATO)をはじめとした外交政策について説明した。フランスはNATOの指揮系統から外れると訴えた上で、NATOがロシアと接近するべきだとの考えを示した。

 ルペン氏は「フランスの軍隊を、フランスの主権によらない指揮系統には置かない」と語った。NATOでは米軍の司令官などが加盟国による合同軍を率いており、そうした軍事機構からフランスは脱退するとの考えを示したものだ。

 ルペン氏は「NATOを脱退…

この記事は有料記事です。残り718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。