バイデン米大統領、ウクライナの首都キーウに政権幹部の派遣を検討

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 バイデン米大統領は14日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)に米政権幹部を送ることを検討していると明らかにした。欧米メディアによると人選は選考中だが、バイデン氏本人ではなくブリンケン国務長官やオースティン国防長官を派遣する可能性が浮上しているという。

 バイデン氏は同日、米政権の幹部をキーウに送るかどうか記者団に問われ、「いま判断をしているところだ」と答えた。誰を送るかについては明言しなかった。

 キーウには先週以降、欧州連…

この記事は有料会員記事です。残り249文字有料会員になると続きをお読みいただけます。