インスリン投与で夫を殺人未遂 二審も元看護師に懲役15年

有料会員記事

森下裕介
[PR]

 血糖値を下げるインスリン製剤を投与して夫(当時51)を殺害しようとしたとして、殺人未遂などの罪に問われた大阪市西成区の元看護師、向井静香被告(51)の控訴審判決が15日、大阪高裁であった。長井秀典裁判長は、懲役15年とした一審・大阪地裁裁判員裁判の判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 控訴審判決によると、向井被…

この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。