ただの「作業員」じゃない 「死ねない」とつぶやいた父は4カ月後…

有料会員記事

岩田恵実 増山祐史
[PR]

 昨年4月、東京都新宿区マンション地下駐車場で消火設備が作動し、天井板の張り替え工事をしていた作業員4人が亡くなるなどした事故から15日で1年。同じような事故が数カ月前に起きていながら、なぜ防げなかったのか。遺族はいまも喪失感を埋められないままでいる。

 あの日の夜。上邨(うえむら)チャリトさん(56)は、母国・フィリピンの名物スープ「シニガン」を作って夫の昌弘さん(当時58)の帰りを待っていた。するとテレビから、二酸化炭素が充満した地下駐車場に作業員が取り残されている、とのニュースが流れた。警察から電話があったのはまさにその時。「上邨さんが事故に巻き込まれました」

 昌弘さんとは、2003年に知人の紹介で出会った。第一印象は「すごくいい人で、楽しい人」。2年後に結婚し、16年間一緒に暮らしてきたが、最初の印象は変わらなかった。

 家庭で見せる顔とは違い、仕事場では目つきが変わって厳しかった。小さなミスでも命取りになりかねないと考えていたからだ。

 名古屋市内で消火設備が誤作…

この記事は有料会員記事です。残り1271文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら