イタリアやスイス、ボリビアも 世界の絶景スポットが四国にある謎

有料会員記事

福家司
[PR]

 海外旅行は四国で!?――。世界の観光地に似た四国のスポットを見つけるコンテストがあり、15カ所が選ばれた。コロナ禍で渡航が難しい中、海外旅行気分を味わってもらおうと、四国の観光団体が企画。類似度の判定には、AI(人工知能)が使われた。

 JR四国や四国4県などで構成する「四国ツーリズム創造機構」が昨年8月~今年1月、世界の観光地と似た四国のスポットの写真を募集。全国の83人から113件の応募があり、NTTドコモが開発したAIによる「類似スポット判定技術」で、類似度を100点満点で数値化。機構の審査員による採点も加味して入賞作を選んだ。

 グランプリに選ばれたのは、高松市の商店街にある丸亀町壱番街前ドーム。イタリア・ミラノにあるアーケード「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」との、AIによる類似度は88・4点だった。丸亀町のドームは2007年の完成当時からミラノのドームと似ているとの声があったという。

 準グランプリには、スイスの…

この記事は有料会員記事です。残り542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら