大義名分は「表現の自由」 マスク氏、ツイッター買収の狙いは?

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、米ツイッターの買収提案に踏み切った。世界一の富豪とされるマスク氏は、ツイッターで8千万人以上のフォロワーを持つヘビーユーザーでもある。マスク氏の狙いは何か。

■「表現の自由」を重視

 「なんで知っているの?」

 マスク氏は14日、イベント「TEDトーク」の対談に登場した。司会から冒頭にツイッターへの買収提案について聞かれると、とぼけた顔で応じた。

 マスク氏は「ツイッターは事実上の町の広場だ。表現の自由のための包摂的な場所であることが大事だ」と話した。画面に表示される投稿の順番を決める「アルゴリズム(計算手順)」については、「オープンソースにする」としてしくみを公開する考えに言及。「いまはブラックボックスになっていて、とても危険だ」と話し、透明性を高める考えを示した。マスク氏は「これはお金のためではない」として、投資目的ではないと強調した。

 奔放な行動で知られるマスク氏は、トランプ前大統領と同様、ツイッターを重要な発信ツールとして使っている。マスク氏のフォロワーは8千万人超おり、熱心なファンも多い。テスラは広報チームを解散したと報じられており、米メディアもマスク氏本人のツイートに注目する。

 マスク氏は最近もツイッター…

この記事は有料会員記事です。残り2139文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら