「みんなと卒業したい」高2で白血病、長引く欠席 先生は動いた

有料会員記事

寺崎省子
[PR]

 「また、青たんができている。なんでかな」

 2019年3月初め、京都市内の私立高校2年生だった女性(20)は、口元や手足に3~4センチ大の内出血が数個から10個ほどできていることに気づいた。「部活動でボールが当たったのかな」。でも痛みはなかった。1週間ほどたっても消えないものがあり、さらに新たな青たんもできた。

 不安になって母(51)に相談し、近くの皮膚科クリニックへ。血液検査を受け、「何かあったら連絡します」と言われた。

 その週末。日曜日で、少し熱…

この記事は有料会員記事です。残り3186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら