第81回「モスクワ」沈没は「大和」に匹敵 元海将補が見たロシア軍への打撃

有料会員記事ウクライナ情勢

聞き手・佐藤達弥
[PR]

 ロシア国防省が、同国黒海艦隊ミサイル巡洋艦「モスクワ」が沈没したと発表しました。首都の名を冠した黒海艦隊の旗艦が失われたことは、ロシア、ウクライナ双方の戦略にどんな影響を及ぼすのでしょうか。自衛隊の元海将補で、在ロシア防衛駐在官も務めた佐々木孝博・広島大客員教授(ロシア安全保障政策)に聞きました。

 ――そもそも黒海艦隊とはどんな存在なのでしょうか。ロシアが2014年、一方的に併合したウクライナ南部クリミア半島に母港を置いているようですね。

ロシア黒海艦隊旗艦の沈没は、太平洋戦争時の日本の巨大戦艦の沈没にも匹敵するという佐々木氏。「モスクワ」が担っていたある役割が失われたことで、作戦行動にも影響が出ると言います。

 そうです。黒海艦隊はクリミ…

この記事は有料会員記事です。残り2459文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機の深層(全150回)

この連載の一覧を見る