「偽情報を削除せず」グーグルとウィキペディアに罰金、ロシア裁判所

ウクライナ情勢

[PR]

 ロイター通信は15日、ロシアの裁判所が米IT大手のグーグルに最高1200万ルーブル(約1800万円)の罰金を科すと報じた。「ウクライナの特殊作戦に関する偽の情報を削除しなかった」ことが理由だという。

 また、ロイター通信によると、ロシアの裁判所はインターネット上の百科事典「ウィキペディア」を運営する米国の非営利団体「ウィキメディア財団」に対しても、同じ理由で最高800万ルーブル(約1200万円)の罰金を科すという。