CIA長官、ロシアによる核兵器使用の可能性は「軽視できない」

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 米中央情報局(CIA)のバーンズ長官は14日、ジョージア工科大学で講演し、ロシア軍がウクライナ核兵器を使う可能性について「軽視できない」と警告した。具体的に核兵器使用を示す軍事的な配備の動きは確認できていないという。

 バーンズ氏は、「ロシアは圧倒的な通常戦力による脅威に直面した場合、戦術核などを先制使用できるとする政策を採用している」と指摘。「プーチン大統領やロシアの指導部の絶望感や、これまでに直面した軍事的な失敗を踏まえると、戦術核や低出力の核兵器の使用に頼る恐れを誰も軽視することはできない」と語った。

 実際に核使用に向けた軍事的な動きは確認できていないというが、ロシア政府は核戦力を特別態勢に移すと発言しており、バーンズ氏は「CIAの最も重要な責任の一つとして注視している」と警戒を続ける考えを示した。

 駐ロシア大使も務めたロシア…

この記事は有料会員記事です。残り620文字有料会員になると続きをお読みいただけます。