故金日成氏の生誕110年、正恩氏が宮殿参拝 大規模行進の報道も

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮金日成(キムイルソン)主席の生誕110周年を迎えた15日、金正恩(キムジョンウン)総書記が妻の李雪主(リソルチュ)氏とともに、金日成氏と金正日(キムジョンイル)総書記の遺体が安置されている平壌の錦繡山(クムスサン)太陽宮殿に参拝した。16日に朝鮮中央通信が報じた。

 金日成氏の誕生日である4月15日は北朝鮮で「太陽節」と呼ばれ、最も重要な記念日とされる。同通信によると、参拝には崔竜海(チェリョンヘ)最高人民会議常任委員長や正恩氏の最側近である朝鮮労働党の趙甬元(チョヨンウォン)書記らも同行した。

 同日に開かれた生誕110周…

この記事は有料会員記事です。残り414文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら