北海道白老町の養鶏場で鳥インフル 52万羽を殺処分へ

中野龍三
[PR]

 北海道は16日、白老町養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがある鶏が見つかったと発表した。道はこの養鶏場が飼育している採卵用の鶏約52万羽の殺処分を始めた。道内の養鶏場で感染が確認されるのは今季初めて。

 15日にこの養鶏場から「死ぬ鶏が増えている」との通報があり、道の簡易検査で鳥インフルエンザの陽性が判明。16日に国が高病原性の疑いがあると判定した。この農場から半径3キロ以内は鶏などの移動制限区域とし、同3~10キロ以内は搬出制限区域とする。

 道によると、移動制限区域には、100羽以上飼育する養鶏場2戸が計約20万羽、搬出制限区域では6戸が計約48万羽を飼育している。(中野龍三)