大分の陸自演習場で米海兵隊の実弾射撃訓練始まる 過去最大規模

有料会員記事

白石昌幸、倉富竜太、高嶋健
[PR]

 在沖縄米海兵隊による実弾射撃訓練が、陸上自衛隊日出生台(ひじうだい)演習場(大分県由布市玖珠町九重町)で16日始まった。27日まで。今年で本土復帰50年となる沖縄の負担軽減が名目。今回は支援部隊を含め大隊規模の約320人が参加する過去最大規模となり、偵察型ドローンや高機動ロケット砲システムも初めて持ち込まれた。一方で米軍は説明せず、訓練も非公開とし、住民の不安は強まっている。

 午前8時43分。演習場内に白煙と「ドン」という砲声があがった。しばらくしてさらに大きな着弾音が響いた。

 訓練の監視を続けている市民…

この記事は有料会員記事です。残り444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら