なぜ総理大臣に?答えは… 現代のAIが再現した「平民宰相」の声

有料記事

三浦英之
【動画】「平民宰相」として知られる原敬の声がAIによって再現され、原敬記念館で公開されている=三浦英之撮影
[PR]

 盛岡市出身で「平民宰相」として知られる原敬(1856~1921)の声がAI(人工知能)によって再現され、同市の原敬記念館で公開されている。岩手県立大の榑松理樹(くれまつまさき)准教授と共同開発したもので、来館者が画面上で「なぜ総理大臣になろうと思ったのですか?」などの質問を選ぶと、原敬の映像が口を動かして音声で答える。

 原敬100回忌記念事業の一環として3月に公開された。同館によると、生前の音声録音は残っていないため、原の写真や顔の形、文献にある話し方などの特徴をAIに学ばせ、音声を再現したという。

 政治に関する質問のほか、「どうして日記を書き続けたのですか?」「盛岡の好きな風景はどこですか?」など、生き方や故郷に関する質問もある。

 また、同館では16日から5…

この記事は有料記事です。残り245文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!