ロッテ佐々木朗希、8回投げきって走者出さず 14三振奪って降板

千葉ロッテマリーンズ

[PR]

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズの佐々木朗が17日、ゾゾマリンスタジアム(千葉市)での日本ハム戦に先発登板し、八回まで一人の走者も出さない好投を見せた。佐々木は102球を投じて八回を投げきって14奪三振で、0―0のまま降板した。佐々木は10日のオリックス戦で105球を投げて28年ぶりの完全試合を達成。17イニング連続で一人も走者を出さない状況を続けていた。

  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2022年4月17日18時41分 投稿

    【視点】受験生の親御さんたちに「迷ったら引き算」と私がよくいうのはこういう決断のこと。 稲崎編集委員のコメントに「「働き方改革」に合った新しい時代のヒーロー」という素敵な表現があるが、受験生の親も、わが子をそういう次世代に育てているのだと考えれば

  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2022年4月17日17時42分 投稿

    【視点】今は、漫画「巨人の星」のように、腕も折れよと投げ抜く時代ではありません。 完全試合を一度もやったことがないのなら、九回も続投だったかもしれません。が、0ー0の展開で勝てるかどうかは分からないし、すでに前週に大記録を成し遂げているのです