「もう、ロシアには戻りたくない」 最大17万人のIT人材が出国か

有料会員記事ウクライナ情勢

佐藤達弥
[PR]

 ウクライナ侵攻に伴う経済制裁を受けているロシアで、IT(情報技術)人材の国外流出が続いている。業界団体は最大17万人が出国すると予測。制裁の影響で経済が悪化し、ハイテク機器が輸入できなくなったことなどが背景にあるといい、出国した技術者は「ロシアでの生活に明るい見通しを持てない」と語る。

 「5万~7万人が国を去った。4月には第2波として7万~10万人が出国すると予想される」

 ウクライナ侵攻の影響で国外に出たIT技術者の数について、ロシア電子通信協会のプルゴタレンコ会長は3月下旬、ロシア下院の会合でこう語った。有力紙コメルサントが伝えた。ロシア人に対する入国や滞在の規制が比較的緩いトルコやジョージアなどへの移住を希望する人が多いという。

移住を考える若者が急増するわけ

 国外から仕事を受注しても制…

この記事は有料会員記事です。残り1039文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (ロシアNIS経済研究所所長)
    2022年4月19日8時26分 投稿

    【視点】ロシア・ウクライナ・ベラルーシは、隠れIT立国と言える存在である。2019年現在、各国のGDPに対するICT産業の比率は、ロシア2.3%、ウクライナ4.5%、ベラルーシ5.4%とされており、絶対値としてはそれほど高いわけではない。しかし、各