体長2mのヘビ「ボールパイソン」逃げる 岡山・倉敷の駐車場

雨宮徹
[PR]

 岡山県倉敷市福田町古新田の集合住宅の駐車場で、住人が飼っていた体長約2メートル、体重約2キロのヘビがいなくなったと17日、県警水島署に届け出があった。署で捜索しているが見つかっていない。

 署によると、逃げたのはニシキヘビの一種の「ボールパイソン」。飼育者が15日夜、預けていたヘビを知人から受け取った後、衣装ケースに入れて車で運び、自宅に戻そうと駐車場で下ろそうとしていたところ、逃げられたという。

 逃げたヘビはペットとして飼われており、茶色と黒色のまだら模様で、毒などはないという。(雨宮徹)