「プーチン氏、戦争に勝っていると信じている」オーストリア首相語る

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=園田耕司
[PR]

 オーストリアのネハンマー首相は17日放送の米NBCテレビの番組で、11日にモスクワを訪問してロシアのプーチン大統領と会談した結果を踏まえ、「プーチン氏は戦争に勝っていると信じている」と語った。さらに、ネハンマー氏は、プーチン氏がロシアの安全保障を理由にウクライナ侵攻を正当化しているとの見方を示し、「プーチン氏は今、自分だけの世界にいる」と述べた。

 ネハンマー氏はモスクワ訪問前、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪れ、多数の市民が虐殺されたブチャの現場を視察。ネハンマー氏はプーチン氏との協議で、自身がブチャで「戦争犯罪を目撃した」と指摘。プーチン氏はこれに対し、国際的な調査にいくばくか協力する考えを示したが、「西側諸国を信用していない」と主張し、両氏は「厳しい会話を交わした」という。

 ネハンマー氏は「プーチン氏…

この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年4月18日12時59分 投稿

    【視点】プーチン大統領とネハンマー首相の会談は、クレムリンの公式ページには掲載されていません。まるで会談など無かったかのような扱いで、黙殺と言ってもよいでしょう。 実際に行われた首脳会談を掲載しないというのは、ほとんどこれまで例がないことであり、