• アピタル

「腰痛の将来的な治療法に」 iPS細胞でマウスの椎間板を再生

有料会員記事

矢田文
[PR]

 大阪大などのチームは、腰痛の原因になる、椎間板(ついかんばん)が変性したラットに対して、ヒトのiPS細胞からつくった組織を移植し、椎間板を再生できた、と発表した。腰痛治療への応用が期待され、チームは今後の実用化を目指すという。

 人間の背骨は、骨と骨の間に椎間板という組織が挟まっている。チームによると、腰痛で悩む人は国内に約1300万人とされ、このうち20~40%は、椎間板の変性が原因と考えられているという。

 椎間板の中央にはクッションの役目を果たす「髄核」というゼリー状の組織がある。髄核が加齢や負荷で傷付いたり、変形したりすると、神経を圧迫して腰痛の原因になることがある。ただ、一度傷つくと自然には治らず、治療薬もない。

 チームはサルの髄核を使った…

この記事は有料会員記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。