「お金は明日あげるよ」夫に届いたLINE 不具合と思ったその先に

有料記事

有近隆史
[PR]

 2月上旬の午後2時過ぎのことだ。「LINEを解除したいので、解除ボタンを押して欲しい」。知人から都内の女性(62)のもとに、メッセージが届いた。

 「おかしなメッセージだな」。そう思わなくもなかったが、知人には仕事でもお世話になっている。むげにもできないと思い直し、促された緑色のアイコンを押した。

変な反応示すアプリ

 その数分後。

 ふとLINEのアプリを開いたら、電話番号とパスワードの入力を求める画面が現れた。ログアウトしてしまったのかと思い、自身の電話番号とパスワードを入力した。

 「ログインできませんでした」

 あれっ? 何度入力しても同じだった。

 そうしているうちに、「LINE」という名で自身のスマホ宛てにショートメッセージ(SMS)が届いた。6桁の「引き継ぎ認証番号」が書かれ、「引き継ぎ時にLINEアプリの画面で入力してください」というメッセージが断続的に届いた。「不具合が起きたんだと思った」。午後3時前後に女性は自身のアカウントを使うことを諦め、新たなアカウントを作った。

 女性は夫(66)、同居する長男(37)、そして別居している長女(36)の計4人でやりとりができるようグループを設定している。家族に「不具合が起きて、新たなアカウントを作ったのでグループに入れて欲しい」と連絡した。長女が対応してくれた。

「今忙しい?」…一体誰から?

 午後4時半ごろ。長女のもとにLINEでメッセージが届いた。「今忙しい?」。すでに使われていないはずの母のアカウントからだった。しかし、今まさに母とは新たに使ったアカウントでやりとりをしている。

 長女は気づいた。「お母さん…

この記事は有料記事です。残り2750文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。